スミセイオーナーズクラブオフィシャルサイト 〜あなたの未来を強くする〜
SUMISEI OWNERS Club Official Site

税理士・会計士

税理士・会計士が行う税務調査とは

税理士・会計士が行う税務調査とは

日本の税制は、「自主申告」が基本となっています。
つまり、自分で納める税金は自分で計算することになっているため、自分で所得額の計算を行い、それに基づいて税額を算出して、自ら申告しなければなりません。

ところが、全ての納税者が、必ず納税義務を正しく、漏れなく履行するかとなると、誤った解釈による計算ミス、申告漏れ、あるいは脱税といった申告をする可能性があります。そのために、税務調査というチェックが入ることになっているのです。

良くお聞きする不安の声

  • 税務職員が突然来た
  • 税務調査でもめている
  • 顧問税理士はいるが税務調査の対応には不安だ
  • 税務調査の対応をどうしたらよいかわからない

「来週、税務調査に行きますから」と税務署から事前通知が来ると、何とも言いようのない不安に駆られる、という経営者、経理担当者は多いのではないかと思います。税務調査となると、脱税行為をしているからということでなく、特に中小企業の場合は「何が正確な申告か?」ということがはっきりとは分からないという部分がどうしてもあります。

税務調査においては、納税者側、税務署側の双方にとってグレーな部分について、税務署側は「黒ではないか?」という主張を展開してくることになります。

税務調査を担当する税務職員はプロですから、様々な調査手法で問題点を指摘します。
心理的なプレッシャーを受けた経営者や経理担当者が事実関係を正確に説明することが出来ないケースもあるようです。

お役立ちコンテンツ

サイト利用規約

Copyright© Sumisei Owners Club Official Site. All Rights Reserved.