スミセイオーナーズクラブオフィシャルサイト 〜あなたの未来を強くする〜
SUMISEI OWNERS Club Official Site

資金調達

『貸し渋り』・『貸し剥し』対策

『貸し渋り』・『貸し剥し』対策

今まではスムーズに借入ができたのに、最近審査も厳しくなってきた…。

どうしたら良いのでしょうか?

金融機関では信用格付システムにより企業を財務内容を分析して、それぞれの企業への融資可否を判断しています。 財務状況上、どのような点が問題視されているか、どの点を評価して いるのかをまずは自社分析してみる必要性があります。

信用格付は「貸出の可否」「貸出枠」「金利」を決め、企業にとっての利害に大きく関与するものです。格付には10〜15のランクがあり、5つの区分に分けられ、金融機関は「格付ランク」「貸出金利」を連動させ貸倒れリスクに対応しているのです。

ランク区分債務者区分の概要
1〜6 正常先
  • 状況が良好であり、財務内容にも特段の問題がない
7 要注意先
  • 業況が低調。不安定な債務者
  • 財務内容に問題がある
  • 金利減免、棚上げを行っていないなど貸出条件に問題がある
  • 元本返済や利息未払いが事実上延滞している
  • おおむね、赤字のイメージ
8 破綻懸念先
  • 現状、経営破綻の状況にはないが、経営難の状態にある
  • 経営改善計画等の進捗状況は悪く、今後、経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる
  • 実質債務超過の状態に陥っており、業況は著しく低調で貸出金が延滞状況にある
9 実質破綻先
  • 法的、形式的な経営破綻の事実は発生していないけれど、深刻な経営難の状態にある
  • 再建の見通しがない状況で、実質的に経営破綻に陥っている
  • 実質的に大幅な債務超過の状態に相当期間陥っている
10 破綻先
  • 法的、形式的な経営破綻の事実が発生している
  • 破産、清算、会社整理、会社更生、民事再生、手形交換所の取引停止処分等の理由により 経営破綻に陥っている

お役立ちコンテンツ

サイト利用規約

Copyright© Sumisei Owners Club Official Site. All Rights Reserved.